旧帝出身の秀才のイケメン君が入社してきた→野球や車に疎く、コミュニケーションの一環として覚えておくよう言っておくと・・・

面白かったらシェアして下さい☆

ピックアップ記事

761: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/12/04(土) 10:37:48 ID:bKaqLtlQ

5年位前うちの部署(営業)に旧帝出身の秀才のイケメン君が入ってきた。
計算させたり書類を作らせたりするとメチャメチャ早い。
しかし雑談で野球や車の話になると全く興味がないらしく黙っている。
聞いてみると野球のルールさえ知らず、
野球選手はイチローの名前を知っている程度。
車にいたっては知っている名前が一つも出てこない。

ゴルフや釣りは追々覚えるとして、
野球と車の話は取引先で35歳以上の権限のある相手と仲良くなる上で必須だから
ちゃんと話が出来る程度に覚えておくように言った。

一ヶ月程度経って、この前の話を少しは覚えたか聞くと、
もう大丈夫です!と爽やかな笑顔。
試しにちょっとテストしてみると、車種は当然、
エンジン型式や年式の細かい違いまで覚えていた。
最初は子供用の図鑑を見て、あとはネットで調べて覚えたとか。

地頭の良い奴はすげーわ、と心地良い敗北感を覚えた。

おすすめ

769: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/12/04(土) 11:17:08 ID:rq6T305+

車や野球の話ができないと取引先の権限のある人間と仲良くできない、ってどんな職種?
ちゃんと仕事ができて人柄がまともなら取引先と友好な関係を作るのは難しくないと思うけど。
ちゃんと仕事ができて人柄がまともなら、
趣味の範囲の話題で知らないことは相手に「教えて下さい」でいいんじゃないのかな?

車や野球の話ができないと取引先の権限のある人間と仲良くできない職種がある、
と聞いて結構衝撃的。

770: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/12/04(土) 11:36:23 ID:BSAHTtC2

>>761
知りすぎたなw
次は知らないフリも必要だと教えてあげないと。

>>769
おっさんの雑談なんて野球やゴルフ、パの話くらいだぞ。
それでいて車関係の仕事についているとかだろう。
個人的に車好きな取引相手かもしれない。
不思議ではない。

772: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/12/04(土) 11:39:47 ID:TrwGPOKR

>>769
中小企業のおっちゃん相手にする職種じゃねぇ?

地銀、工作機械の営業etc

773: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/12/04(土) 11:44:23 ID:h9m+efuW

>>772
自動車産業の集積地で、ドラゴンズファンの多い東海で営業やってるとかもね(笑)

そういや確かに名古屋に出張に行くと、ドラゴンズの話題を
してる人がそれなりにいたことを思い出した。
熱心な地元球団のファンが多い大阪でも博多でも、こんなことは
無かったな。

774: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/12/04(土) 11:44:29 ID:eh2iN1kN
>>772
自分も思った。車・野球の次はゴルフ・釣りって言ってるから
営業系の人何かなと

787: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/12/04(土) 13:05:45 ID:bKaqLtlQ

>>772
鋭いw

最近は変わってきたとは言え、日本はまだまだ理屈や数字より情が重きをなすムラ社会。
身内には甘いし「まぁまぁなぁなぁが」まかり通る部分も多い。
営業マンは商品よりまず自分を売り込むのが仕事。
人柄が良く実務をそつなくこなせるのは当たり前で、トラブルが起きたときに
〇〇さんの顔を立てて今回はうちが泣くよ」と言ってもらえて、
初めて仕事が出来る人間と評価される。
いかにして身内にしてもらうか、だね。
そのためにはムラ独自の掟を理解し、ムラの長老を立て、
ムラ人と同じ価値観を共有していると思ってもらう必要がある。
ある意味面倒だけど、ある意味楽でもある。

778: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/12/04(土) 11:57:04 ID:rq6T305+
そういうものなんだ
つまり現代日本では一般的には「趣味の話・世間話をこなせること」が仕事の上でのコミュニケーションスキルの大きな部分を占めていると考えられている、と理解していいのかな?

780: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/12/04(土) 12:00:01 ID:BSAHTtC2
>>778
今も昔も変わらんよ。

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/kankon/1289350853/

画像固定
ピックアップ記事
1001: こちらもおすすめの記事です! ID:PickUp

SNSでも投稿をチェックできます♪

こちらも読まれています