嫁と付き合うまでと、俺が結婚して魔法使いを脱出するまでの話wwwwww

面白かったらシェアして下さい☆

ピックアップ記事

とある理由で敷地内に引っ越してきた嫁と家族のように育った→俺が大学卒業して1人暮らしをしていると、親父から電話があり、「嫁ちゃんをお前の部屋に住ませてやってくれ」と言われたww

–からの続き–

9: 前スレ969 投稿日:2010/01/21(木) 21:31:07

前スレではコメントありがとうございました。
正直ネタとか言われちゃうんだろうと思っていただけに、かなりうれしかったです。
まあでも、作り話のように読んでいただいてもいいかなと思ってます。
証明する方法なんてないし、そういわれるのはリアルのほうで慣れているのでw
で、要望が結婚のあたりの話ということだったのですが、
どうせならいそいでしまった辺りから補足をしていこうと思います。
蛇足な部分もあるのでめんどかったら飛ばしてください。
こういう文章書くのは初めてなんですが、
思い出して書くのがすごい楽しくてどうでもいいことまで書いています。
あと、さも全部覚えてるかのように書いてますが、ほとんどがうろ覚えです。
矛盾してるところもあるかと思いますがご容赦ください。

おすすめ

10: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/21(木) 21:32:20
wktk 試演w

11: 前スレ969 投稿日:2010/01/21(木) 21:32:45
前スレでは軽く書いたが、実際はいろいろな部分でもっといろいろあった。
嫁は父の氏から一年半くらい沈み続けていたし、
正直元のように明るくなるまでには相当時間がかかった。
あと同棲の話も、親の勝手な行動に納得行かなかった俺はすごい抵抗した。
妹のような存在とはいえ少なくとも四年は一緒に生活(実際は六年になったけど)
するなんて想像できなかったし、たぶん無理だろうと思ったからだ。
とはいえ二月末ということもあり、引越しを決めるなら早くしなきゃいけなかったし、
段々嫁母の言葉も真剣みが増してきて、結局二日くらいで承諾した覚えがある。
ちなみに嫁に電話口で
そんなに私と暮らすの、いや?
って言われたのが折れた一番の要因だけどね。
そんなん言われたらもうどうしようもなかったw
可愛く言われてちょっとどきっとしたし。
同棲自体もそんなに平穏無事に日々を過ごしたわけじゃなかった。
なかなか生活時間も合わなかったし
(俺は朝早かったり残業あったりして、嫁は夜間のバイトもやっていた)
慣れない二人きりの生活に、お互いよく喧嘩もした。
喧嘩すると大体嫁が出て行って、時々俺が出て行くこともあった。
あのころ喧嘩に巻き込まれて、宿泊先にされていた同期や友人には感謝している。

12: 前スレ969 投稿日:2010/01/21(木) 21:34:47

話がだいぶどうでもよくなりがちですね。
とりあえず告白されたところの部分を書こうと思う。

好き、の一言のあと嫁はずっと黙っていた。
俺も何も言えずにずっと黙っていた。
黙って歩いてたらいつの間にかマンションについていた。
無言で部屋に入り玄関先で嫁をおろし、お互い無言でリビングのソファーに座った。
最初に口を開いたのは嫁だった。
嫁「えっと…冗談とかじゃないから、本気だから
俺「あ、うん。うん。」(目を合わせられず超へたれ)
嫁「いやだよね、こんなこと言われて
俺「いやじゃないよ、いやじゃないけど、どういえばいいか分からん
人生で初めて告白されたってわけじゃないけど、
なんでか口のなかカラカラになるくらい緊張した。
その後また無言になって、正直その空気に耐え切れずに俺から口を開いた。
俺「え、いつから?
思えばもっと気の聞いたこといえるだろ、って思うんだが当時はこれが限界だった。
だって魔法使いだったもの。
いつから俺のことを好きだったかというと、よくわからないらしい。
ただ、俺が高校にいってから昔みたいに仲良く遊ぶってのがなくなって正直寂しかったとのこと。
まあ、遊ばなかったって言うけど時々俺の部屋でマンガ読んだりビデオ見たりしてたんだけどね。
小学校のころはお兄ちゃんだったのが、
中学頃から意識が変わって高校受験の頃にはすでに好きだったとか。
高校が被れば一緒の高校に行きたかったが、
ちょうど入れ違いで俺が高校卒業だったので妹や弟と同じ高校を選んだらしい。
特に何か心変わりするようなイベント無かったはずなんだけど…っていったら
同年代は幼く見えて、一番身近な年上の人が俺ちゃんと弟ちゃんだったのが
一番大きいんだろうけど、確かに私もなんで好きになったのかわかんない

だって。
正直喜んでいいのかわからん。

13: 前スレ969 投稿日:2010/01/21(木) 21:37:24

で、高校に入ってからは、俺も大学に行って離れてしまったから、
これ以上進展は難しいかなと思って二人くらいと付き合ったようだ。
同じクラスのと、先輩と聞いた。
が、どちらも半年もいかず分かれたとか。
同じクラスのやつはやっぱり幼くて、先輩なら大丈夫だろうと思ったのだが、
やっぱりこれも幼く感じたらしい。
まー、もともと精神年齢高そうだからこれはしょうがないかも知れない。
結局嫁が振られる形で終わったんだとか。
嫁が言うにはどうしても俺と比べてしまい、俺が諦め切れなくて、
それがなんとなくむこうに伝わったんじゃないかといってた。
もうどんだけ俺のテンションを上げさせれば気が済むんだ、
って聞きながら心のなかでもだえてた。

そんな話を延々聞きながらも、俺はどう答えるか悩んでいた。
たぶん、俺が悩んでるのを分かってこういう昔話を延々してくれたんだと思う。
悩んでいたがもうだいぶ遅い時間(確か夜中の三時くらい)だったし、
嫁も酔ってないとかいいながらも酔ってるのは丸分かりだったから、
お互い冷静になってから話そうとその日はお開きにして寝ることにした。
寝れるわけ無かったんだけどね。
次の日も仕事だったが不思議と眠くなく、ただ考え事のせいで仕事に手がつかなかった。
散々悩んだ挙句、自分の心に正直にということで、告白を承諾することにした。
家に帰るとすでに帰ってきていた嫁が待ち構えていた。
嫁はもう腹をくくったような、何言われても大丈夫みたいな目をしてて、
あーこれはもう逃げられんと覚悟を決めた。
こんな俺でよければ、みたいなことを言ったと思う。
あのときの安堵に満ちて、うれしそうなんだかよくわからない泣き笑いの嫁の顔はよく覚えてる。

14: 前スレ969 投稿日:2010/01/21(木) 21:38:33
で、その後はもういろいろ話しました。
そこでわかったことは、悪い言い方になるけど、すごい重い子だった。
端折るけど、付き合うからには結婚のことまで考えて欲しいとか、そういうことを延々いわれた。
あれ、これちょっと責任重大じゃね? って思ったけど、まあ大丈夫だろうと。
ええ、心配性でネガティブ思考だけど、最終的に深く考えずに楽天家なのが俺の唯一の取り得。
まあもうこの時点で婚約みたいなもんでしたね。
逃げられなかった。逃げるつもりはなかったけども。
あと、後々分かったことなんだけど、嫁は純潔だった。
この世代にしては珍しいんじゃないかな。すごい貞操観念がしっかりしていた。
これ言うと大体信じてもらえないし、こういうところじゃネタくさくなるとは思うが、
俺は29まで道程だった。
後ちょっと遅かったら本当に魔法使いだった。

15: 前スレ969 投稿日:2010/01/21(木) 21:41:15

付き合い始めてしばらくして、一度かなりいい雰囲気になり
俺今日卒業するんだ…
って息巻いたら
結婚まではそういうことをしたくない
って言われてしまった。
なんじゃそりゃ、と思った。
この俺の気持ちをどこにやればいいのかと。
俺もこいつに捨てられたらもうあとは一生独身かもしれない、
そうでなくてもこいつに捨てられるわけにはいかねぇ! と、おとなしく従った。
うわ俺すごいへたれ。
でも襲うなんて勇気がなかったんだよ…
ちなみに過去の彼氏達も、嫁がキスまでは許すが
その先を絶対にさせないとわかるとよそよそしくなったとか。
たぶん分かれた最大の理由ってこれだろうと思ってる。
高校生ならそんなものじゃないかな。
俺はそういうのなかったから全然わからない。

正直これはもう、自慢というか俺これだけはすごいと思うんだ。
七年間もの長い期間、好きな女が同じ部屋で暮らしてるのに、一度も襲わなかった。
友人にこれを言うと
へたれだとは思ってるけど、そこまではとはひどい
って言われるんだけどね…
これがほんとにきつかった。
向こうがなにもしてこなきゃ俺もある程度余裕もって我慢できたけど、
貞操観念がしっかりしてる割には甘えん坊で、キスとかスキンシップはよく迫られた。
いちゃいちゃってやつですね。
胸があたったり、肌が密着したり、そういうのは日常茶飯事なんですよ。
もうね、殺せと思った。
うん、この表現は実際至極正しいと思ったよ。
20代なんてまだまだもてあます時期ですよ。
そんななかでこういうのは拷問だった。
おれどうすればいいのとずっと悩んでた。
ムラムラするたびに嫁の目を盗んで自家発電して、賢者モードで乗り切った。
たぶん部屋のいるときの六割は賢者モードだったんじゃないだろうか。
元とも理性で行動するタイプだったのもよかったんじゃいかな。
普段は何かあっても理性で押さえ込むへたれなんだけどね…

16: 前スレ969 投稿日:2010/01/21(木) 21:46:49
そんなわけで初めて繋がったのは結婚式後の初夜だった。
もうそれまで七年間なんてどうでもよくなるくらい、最高の夜だった。
で、ことが終わると、嫁が泣いているのも印象的だった。
ただここで俺の七年間の忍耐の成果を無駄にしかねない嫁の発言。
怒らないで聞いてね? ほんとに初夜に純潔捨てれるなんて思ってなかった
…おい。
確かに結婚まで貞操を守るのは小さい頃から思っていたことだし、
出来ることなら成し遂げたいとは思っていたらしい。
自分の考えが古いのはわかってて、友達にもおかしいって言われてたし、
たぶんそのうち俺に襲われちゃうよって友達に言われてそんなものかなとも思ったらしい。
その時はその時でずっと大事にしてもらおうと考えていたが、
一向に俺が行動を起こさず我慢し続けるものだから、
ひょっとして自分に魅力が無いのかとか意味不明な悩みももったとか。
自分でそういうこと言い出しておいてね。
時々お酒が入ったときとかは誘惑もかけてたとか。
俺に取っちゃあらゆるスキンシップが誘惑でしたけどね。
そんな話聞いてもうあっけに取られた。
怒らないで聞いてね? って最初に言われたけども、お前七年間ですよ? 七年間。
七年間お前の貞操観念を大事にしようと我慢し続けてきたのに、実は襲われてもよかっただと?
怒ったね。怒りながら笑ったね。
さっきまで最高の夜とか思ってた自分は、今氏んだ! 状態。
そんな俺を見て申し訳なかったのか、
大事にされてるんだと感じてうれしくて仕方ないなんてフォローもかましてきた。
だがそんなもので俺の怒りが収まるわけも無く、
その怒りを指先と舌先に集中して徹底的にお仕置きをしたのが初夜のお話。
ちなみに怒りはしたけど、きれたり怒鳴るとかそういうのはなかった。
なんじゃそりゃー、とはいったような気がする。
あと嫁の予測の上を行ったという謎の達成感も覚えてた気がする。

17: 前スレ969 投稿日:2010/01/21(木) 21:49:48

さて、ここまで書いたけど正直これ馴れ初めといっていいのか不安になってきた。
でももう書いちゃってあるから一応乗せていきます。スレ違いなら言ってください。

そろそろ結婚の話をしないとですね。
嫁が大学院まで出たので、約六年の同棲の後に実家に帰ったんだが、
帰るなり家族が俺達の結婚の話をし始めたのが確か始まりだったかな。
俺達の中では漠然とするとは決めていたが、
いつとかどうするとかそういうのはまったく決めてなかった。
そういうわけで、家族のほうが盛り上がっていた。
親だけでなく、弟やら妹もなぜか盛り上がっていた。
妹「やっと結婚かー。嫁が義姉さんになるのかー
とか
弟「結婚すんのかよwww兄ちゃん趣味悪すぎwwww
とかすき放題言われた。

この弟妹には付き合うと報告したときも
妹「やっと付き合ったかー。お兄ちゃん鈍感すぎ
とか
弟「ふざけんなww嫁が義姉になるとかぜってぇやだよww
そうなったら兄弟の縁を切ることも考えるwwwwっつか兄ちゃん趣味悪すぎwwww

とかすき放題言われた。
妹はすでに嫁の俺に対する気持ちを知ってたらしく、
嫁が元彼と付き合って別れるたびに悩む姿を見て
悩ませる兄氏ね
って思ってたらしい。
弟は弟でこれが本当に変態で。
俺を怒らせて殴られたり絞められたりぼこられるとすごい喜ぶという度し難い変態だ。
だから上の発言もニコニコしながら俺に殴られていた。
この変態は嫁をからかうのが大好きで、一度嫁に、
嫁「ねぇ、い○まちお? ってなに?
って聞かれたときもこいつが原因だった。
そのときもにこにこしながらロメロスペシャルで俺の上を舞うことになった。

18: 前スレ969 投稿日:2010/01/21(木) 21:53:32
ごめんまた話がそれた…
そういうわけで家族が盛り上がってたんだけど、
俺達はそうでもなく家族と当事者とで温度差があった。
というか、俺達いつか結婚する気があるとは言ったけど、
家族達はもうすぐにでも結婚するものだと思ってたらしい。
というか俺が結婚について考えなかった。
別にそのうちするだろう、と思ってた。
嫁はなんだか周囲が盛り上がるのに行動に移さない俺が気に食わなかったらしく、
日に日にぶすくれていった。
なんで不機嫌なるんだとわからなかったが、
妹に
馬鹿、ほんと鈍感
って言われつつ理由を教えてもらい
早くプロポーズしてあげなよ
って炊きつけられて一気に話が進んだ。
妹にたきつけられるとかほんとへたれ。
プロポーズした日はよく覚えている。
2008年の五月三十日金曜日だった。
嫁が卒業して約二ヵ月後くらい。
夜に嫁と一緒にドライブに行き、夜景を見ながらすごいかしこまってプロポーズした。
きざな演出とかそういうのは考える時間も無かったし恥ずかしくてできなかったから、
ただプロポーズの言葉と指輪を渡しただけ。
それでも嫁は喜んでくれて、泣いた。
やっぱり泣き笑いをしていた。
あとはもう、善はいそげってことで時間を作っては結婚式に向けての準備をした。
嫁母に挨拶に行ったときは、もう自分の母親のように思ってるはずなのにすごい緊張した。
いつに無くまじめな顔の嫁母を前に、なぜかがちがちの嫁を隣に、
嫁との結婚を許してくださいと頭を下げた。
嫁母「こうなることはわかっていたはずなのに、いざ言われると感慨深いものがあるわ。
どうぞ、ふつつかな娘ではありますがよろしくお願いいたします

と、丁寧に頭を下げられた。
嫁もうちの両親に改めて挨拶をしていたが、
父「嫁ちゃんとなら、何も言うことはない。どうぞ、よろしくたのむ
母「息子をよろしくお願いします
といわれて、ちょっと泣いていた。
普段気が強い癖して泣き上戸なのよね。

20: 前スレ969 投稿日:2010/01/21(木) 21:55:56

そんなこんなで結婚式をあげるまではかなり早かった。
早かったけどほんといろいろあった。
希望は三月頃だったけど、どうしても予定通り式場が取れなくて
二月の頭ということで無理やり予定を立てた。
あと、この頃から今までに増して喧嘩をするようになった。
俺よりも嫁のほうが仕事が忙しく、こまごまとしたことは俺が決めてたんだ。
ただ、それが嫁の希望に沿わないことが多かったらしく、ぎゃんぎゃん文句を言われた。
俺も普段は聞き流すはずなのに、この時期はなぜか反論して言い争ってしまい、
このままでほんとに結婚なんて出来るのかと不安になった。
まあお互い不安だったんだろう。
そういうのも解決してくれたのは親父だった。
いざこざがおおくなってきたのをどこから聞いたのか、ある日俺を急に飲みに連れ出し、
父「結婚式ってのはな、新婦のためにやるもんだ。
不安なのも分かるが、ここが最初の関門だ。踏ん張れ

っというようなことを三時間語られた。
それが効果あったかどうかはわからないが、
俺が折れて収まることが多くなって無事に結婚式を迎えることが出来た。
結婚式ではまたしても家族が面白かった。

父「ああー、くそー、うちの娘がー、娘が息子に取られるよー」(完全に酔っ払い)
妹「あれ、ちょっとローストビーフ! 私まだ食べてないのに!」(すげーでかい声)
弟「ちょwww兄貴と嫁のキス顔wwwwまじきめぇwwwwww」(写真係)
母&嫁母(静かに泣く。しかもなぜかお互いの涙をぬぐいあってる)
婆ちゃん「嫁ちゃん、綺麗だねぇ」(ほんとに荒地の魔女そっくりだった)

父はずっと娘がー、娘がーっていってた。
まあ実際自分の娘並に可愛がってたけどね。
むしろ娘より可愛がってた。
弟はあとでスタッフがきっちりお仕置きをしておきました(やっぱり笑いながら喜んでた)

21: 前スレ969 投稿日:2010/01/21(木) 21:57:04

いい結婚式だったんじゃないかな、と思う。
で、結局まだ新婚旅行に行ってないんだよね。
なんだかんだで嫁が休めなくて、旅行らしい旅行に連れて行ってやれてない。
本人はあまり気にしてないように見えたけど、
そこはやっぱり妹に
馬鹿、鈍感すぎ。新婚旅行がなくていいわけないじゃん
って言われた。
そういわれちゃやらないわけにはってことで、
予定立てて再来月の三月に国内で二泊三日の簡単な旅行に行くことにしている。
ほんとは海外がいいんだろうけど、どうしても予定が組めそうに無くて、
またいつか絶対に行こうと約束してる。

こんな感じです。

22: 前スレ969 投稿日:2010/01/21(木) 22:01:09

いや、ほんと長くなってしまって、しかも馴れ初めじゃない話が多くてすいません。
しかもやっぱり後半急ぎ気味ですね。
あまり面白い話でもなくてすいません。

ちなみに、出会いの切欠になったともいえる借金ですが、未だに返済中のようです。
嫁も働き始めたし、もうすこしでなくなるんじゃないかなと思います。
ちなみに俺が金を出したわけじゃないのでそういう話はなるべく聞かないし
しないようにしていますので、詳しくは分からないです。
というか絶対話してくれないのでなんだか疎外感を感じることもあります。
嫁の考えとしては、
結婚するまでのことは個人のこと。結婚した後のことは、お互いの共通のこと
ということらしいです。
同棲中も絶対に家賃は半額払い、食費やなんかも自分の分は自分で出してました。
ただ外食したときだけは俺がおごることが多かったけど。
とにかく俺に金銭面やらで甘えてくるということは絶対に無かったですね。
あと、借金が無くなってから結婚したほうがという話もしたのですが、
それだとかなり晩婚になってしまうかもしれないと、
借金がなくなる前に結婚に踏み切りました。

さて、自分ではどこがどういう風に足りないとか分からないので、
なにか質問とかあれば答えようと思います。
どこがどうしてこうなった、見たいなところとかありましたらどうぞ。
ただ、あまりここに居座るのもあれなので、頃合を見て消えます。

とりあえずここまで読んでくださった方々、ありがとうございました。

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/21(木) 23:59:16

>>27 :前スレ969

乙です。

23: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/21(木) 22:03:27
良い嫁さんや・・・
恩人の息子って考えは持たないようにしてるんだろうな

24: 前スレ969 投稿日:2010/01/21(木) 22:12:12
>>23
少なくとも、子供達の中でそういった金を貸してる借りてるという感覚は無かったと思います。
ただ一回だけ、弟がくそ生意気な時期に
てめー、調子のんな。借金してくるせに!
って嫁に言ってしまったことがありました。
最終的に親父に説教されて
(親父は絶対子供を殴らないんだが、殴られたほうが正直まだありがたい)
泣きながら謝ったくらいです。
今ではそんな過去は気にすることなく、仲がいいです。

25: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/21(木) 22:46:21

7年間我慢乙www
そして長文乙でございます。楽しく拝見させて頂きました。
この良スレの始めに、いい話があると幸先がいいですな。

あなたたち家族一同まとめて末代まで祝わせていただきます!!

29: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/22(金) 03:02:16
7年!凄いわ、マジで

30: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/22(金) 03:29:15
おめでとう! これから先ずっと、お幸せに~!

31: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/22(金) 07:16:40

>>前スレ969
大事に・・・
大事にするんだぞぉっ!

しかし、妹は辛口だな・・・
どこでもそうなのか・・・

39: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/22(金) 10:43:30
長文読ませて頂いた。お幸せにな

40: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/22(金) 21:35:44
お幸せにモゲて下さい。

 引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.net/tomorrow/1264064395/

–前記事–
とある理由で敷地内に引っ越してきた嫁と家族のように育った→俺が大学卒業して1人暮らしをしていると、親父から電話があり、「嫁ちゃんをお前の部屋に住ませてやってくれ」と言われたww

画像固定
ピックアップ記事
1001: こちらもおすすめの記事です! ID:PickUp

SNSでも投稿をチェックできます♪

こちらも読まれています